防災グッズのリスト公開!最低限これだけはそろえておこう!

防災グッズはそろえていますか?東京や北海道でも地震が起こる確率が70%を超えて来ました。防災グッズのリストを作って、最低限必要な物は準備しておきましょう。いつ災害が起きるかわかりませんよ。最低限必要な防災グッズのリストを作りましたので参考にしてください。

「https://blog.excite.co.jp/kurashinote/22965775/」引用

防災グッズのリスト①「水と食料」

水や食べ物は絶対必需品ですよね。できるだけ多く準備できるに越したことはありませんが、実際に発災してから持ち運ぶとなるとなかなか量がかさばりますよね。最低限3日分は必要になります。3日分と言っても、1人が3日分準備すると9食分になります。

それだけでも結構な量になりますが、4日目ぐらいからは、食料などの支給も受けれるかもしれませんので、最低限3日分はほしいですよね。持ち出しとは別にあと何日間分くらいは家に置いておけば取りに帰れますので、水と食料は、出来るだけ多く準備しておきたいですね。

水については、飲む分だけではなく、色々なところに水は使いますので、ポリ容器などに貯めておくといいでしょう。ライフラインがストップすると、飲み水だけではなく、ちょっと体を拭くための水、食器を洗うための水、一番困るのは、トイレを流すための水がないことです。

「水」の使い道

地震とかが起きても自宅で避難生活を送ることもあるでしょう。その時に水がないとトイレが流せないんです。電気、水道、ガスが止められて、食事や飲料水を蓄えておけば当面しのげるとは思いますが、トイレには行きますよね?その水が流せないんです。

そこで、飲み水じゃなくても、ポリ容器あたりに雑水をためておくといいです。先ほども書きましたが、食器を洗ったり、顔を洗ったり、飲める水ではなくとも、色々と使い道があるんですよ。水はポリ容器に貯めておけば古くなっても使い道はいくらでもあるんです。絶対覚えておきましょう。

(スポンサードリンク)

防災グッズのリスト②「懐中電灯や電池」

とりあえず水と食料があれば、何とか生き延びれるでしょう。電気、水道、ガスなどが止まって次に困るのが、夜何も見えなくなることでしょう。これはつらいですよね。街灯なども含めて全部の電気がストップしてしまいますので、真っ暗闇の世界になります。まさに月明かりのみですね。

小さくてもいいので懐中電灯は必ず準備しておきましょう。また、懐中電灯とラジオや携帯電話の充電器が合体したような防災グッズもあります。100均なで買う懐中電灯にはついていませんが、電気屋さんなどに行くとそういったものも置いてありますので是非準備しておくといいでしょう。

懐中電灯は絶対必要ですが、ラジオや携帯電話の充電もあった方がいいですよ。今、どういった状況なのかというのはラジオで情報を入手できます。電気が止まってもラジオが動けばラジオは聞けますので。あとはスマホですよね。スマホがあれば家族や友人と連絡も取れますしね。

防災グッズのリスト③「小銭・身分証」

身分証明書があると何かと便利です。最悪、通帳がなかったとしても、身分証明書で本人確認が取れれば、銀行からお金を引き出すことも可能です。また、健康保険証などでも本人確認は出来ますので、健康保険証をもっておくのも良いでしょう。長期にわたる避難生活で体調を崩した時なども役に立ちますし、本人確認が取れたら様々な利点がありますので、必ず身分証明書は持っていけるようにしておきましょう。

また、多少の小銭は必ず持っていくようにしましょう。場所によっては公衆電話で電話を掛けれる場合もあります。家族等に自分の居場所を知らせることが出来たら、家族も安心できますし、避難所生活などに必要な物などを届けてくれるかもしれません。多少のお金は絶対必要になりますので、小銭だけではなくもしもの時のためのお金は準備しておきましょう。

私がおすすめする揃えておきたい防災セットはこちらから↓↓



防災グッズのリスト公開

防災グッズのリスト公開のまとめ

さて、最低限持ち出した方がいいものとして3つ挙げてみました。もちろんそれだけではいけませんよね。季節によっては、防寒着や、汗拭きウェットタオルなども必要になってきますし、当然トイレ用品も必要ですよね。男性でしたらなんとかなるかもしれませんが女性はそういうわけにはいきません。生理用品なども必要となってきますよね。

子供さんがいるばあいなどは、オムツやミルクなども必要になってきます。お年寄りや持病を持っている方などは普段飲んでいる薬や食べ物等が必要になるかもしれません。最低限持ち出すリストは人によって微妙に違ってきますので、しっかりと準備するようにしましょう。

また、先ほどは小銭や現金と書きましたが、災害発生時には空き巣や火事場泥棒が現れます。家に現金を残しておくとお金が盗まれる可能性もありますよね。当然、お金よりも命の方が大事ですので、お金を持ち出すことを優先させる必要はありませんが、そういったことも考えて普段から現金の管理はきちんとしておきましょう。

~ 関連記事 ~

100均でそろう防災グッズリスト

女性版の東京防災「東京くらし防災」 が無料配布

【地震対策】地震の前兆!!動物の行動総まとめ

おすすめの防災セットはこちらから↓↓

防災セットを1人1セットは備えておきましょう↓↓



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする