ヨーグルトの効果的な食べ方を紹介

ヨーグルトって体にいいんですが、タイミングとしてはいつ食べれば効果的なんでしょうか。ヨーグルトの効果的な食べ方から、ヨーグルトの効果を効果的に発揮するための食べる時間などを紹介していきます。

ヨーグルトは下痢に効果的

【下痢に効果的な食材】

・腸内の働きを整えてくれる乳製品(ヨーグルト、チーズなど)、大豆製品(納豆、味噌など)

・大根と白菜とにんにくの合わせは下痢予防に効果的だそうです。

・リンゴも消化を助けますし、水分も取れます。

・下痢の時は、脱水症状になる場合があるので、水分をしっかりとることが大事ですが、常温より冷たいものは控えたほうがいいかもしれませんね。

(スポンサードリンク)



ヨーグルトで太りにくい体づくり

太りにくい体をつくるには、腸内環境を整えて体内に必要ないものを溜め込んでおかないようにすることも重要です。乳酸菌やビフィズス菌で悪玉菌の増殖を防ぐことにより、腸内細菌バランスを善玉菌優勢の効果的なものに整えます。便秘などで悩んでる方は、そういったものが起こりにくい腸内の状態をサポートをします。また、蠕動運動(ぜんどううんどう)と呼ばれる腸内の収縮を助ける作用もあることから、下痢を改装し、腸内環境が促され、便秘の予防や解消につながりますよね。その辺の条件が整えば、太りにくい体を目指せますよね。現に、痩せている人の腸にはビフィズス菌が多く生息しており、太っている人の腸にはビフィズス菌が少ないということが研究により明らかになっているそうです。

また、乳酸菌やビフィズス菌の種類によっては、脂肪の低減や蓄積を避ける働きが示唆されているものもあるそうです。まだまだ研究段階ではありますが、自分の体に合えば、ダイエット効果が期待できるかもしれません。

(スポンサードリンク)




ストレッチ等で背中の筋肉をほぐすと血行促進に効果的で、朝、ベッドから出たらすぐにコップ1杯の水を飲むと水分が胃腸の働きを良くし、新陳代謝が活発になりお通じがスムーズになしますし、合わせてヨーグルトなど発酵食品を食べるといいと言われています。

ヨーグルトで美肌とダイエット

便秘、美肌、ダイエット効果には、無糖ヨーグルトにカットしたバナナときな粉を入れて混ぜて食べるといいです。更にオリゴ糖を小さじ少量入れるとより効果的です。

特に、朝に食べるようにすると体の内側からキレイになることが期待できます。

月1の「ヨーグルト断食」などを行うのもいいかもしれません。肌がピカピカになりますよ! ヨーグルトでの断食は、肌をきれいにする効果があり、ダイエットにもよく、アトピーが改善される、などの効果もあると言われています。

ヨーグルトは毎日食べる

「私は食べるタイミングや食べ方で、ヨーグルトのもたらす効果に大きな差異はないと考えています。”朝食べなきゃ””食後に食べると良さそう”などと神経質にならず、好きなタイミングで毎日食べ続けましょう」(森田教授)

一度にたくさん食べれば整腸されるわけではありませんよね。ヨーグルトの量としては、朝食に100g程度をとるか、取れない場合は別の時に同じ量を取るだけで、十分なのだそうです。

~ 関連記事 ~

ヨーグルトメーカー作るドリンクヨーグルトとは

ヨーグルトの効果的な食べ方とは

ホンマでっかTVロイテリ菌ヨーグルト

ロイテリ菌ヨーグルトを追っかけてみた

(スポンサードリンク)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする