インフルエンザの潜伏期間って?治って何週間ぐらいまでうつるの?

冬になるとインフルエンザが気になりますよね。インフルエンザって潜伏期間があると言いますが、どれくらいなんでしょうか?あと、治った後、何週間ぐらいまでうつる可能性があるんでしょうか?インフルエンザの知識を付けて、うつさない、うつされないようにしましょう。

(スポンサードリンク)



インフルエンザウィルスの潜伏期間

厚労省(厚生労働省) のホームページの情報によるとインフルエンザA型もB型もの潜伏期間は24時間~48時間だそうです。

もちろん免疫力で個人差はありますので、多少、人によって違いがありますが、平均で1日~3日で発症するそうです。

ほとんどの場合、感染してから2~3日後に発症するようです。

感染しても発症しない?

インフルエンザのウィルスは感染すると、かならず発症するわけではなく、体内の免疫と戦って、免疫が勝つと発症せず免疫が負けると発症します。

ウィルスが体内に入ると体の免疫システムは、ウィルスを倒そうと働きますので、このとき、ウィルスが大量に増えていたり、体の免疫が弱かったりすると、発症することになります。

反対に、ウィルスが少なかったり、免疫が強かったりすると、体内でウィルスと免疫システムが戦う期間が長くなり、発症も遅くなるというわけです。

また、免疫が勝ってしまうと、インフルエンザを発症しないまま終わるということになります。多くの人が、感染はしたけれども、発症せずに気づかずに終わってるみたいですね。

インフルエンザの初期症状は?

インフルエンザが感染してもほとんど、体感的に感じる症状は出ないそうです。ですので、自分が感染してるかどうか判断が難しいというか、判断するのはほぼ不可能なんですね。

これは困ってしまいましたね…

この時期は、自分が感染しないようにすることも大事ですが、自分が感染してるかもしれないと思って、人にうつさないようにすることも大事なんですね。

この時、感染しても症状が出てない場合、咳やくしゃみなどが無い場合は、人にうつす可能性も少し低いと考えられますが、注意は必要ですよね。ウィルスはくしゃみや咳等によって他人の体内に入っていきやすいので、他人にはうつしにくいかもしれませんが、家庭内で家族にうつすことは考えられますので、十分注意しましょう。

特に赤ちゃんやお年寄りなどは免疫力が弱く、感染した場合発症しやすく、症状も重い症状が考えられます。インフルエンザは感染力が強いので、一緒に生活している人にはかなり高い確率でうつしてしまうので注意しましょうね。

インフルエンザが発症したら?

兆候として風邪のような症状ですね。

熱が出たり、寒気やめまい、下痢になったり、筋肉痛、喉の痛み、咳、頭痛など、風邪によくある症状が出た場合、感染(発症)している確率は高いと言えるかもしれませんね。

インフルエンザはA型B型で症状が違うので、当然、初期症状も違ってくるので注意が必要ですね。

(スポンサードリンク)




インフルエンザかな?と思ったら …

潜伏期間が終わり、発症(発熱)する前には、くしゃみや鼻水がではじめる人が多くなっています。くしゃみ、鼻水、咳が出だしたら、感染力は倍増します。電車や人が集まるところに行くと間違いなく人にうつすことになるでしょう。

少しおかしいなと思ったらすぐ病院にいきましょう。当然、行くときはマスクをして、人にうつさないよう対策を取ってから行くようにしましょうね。

その他以下のことをやって予防するようにしましょう。

家に帰ったら、手洗い、うがいは必ずしましょう。

特に、手洗い石鹸をつけてしっかりあらいましょう。うがいよりも手洗いの方が重要だたテレビで言ってましたので。

外でも家の中でもマスクをする

マスクをすると、感染率はかなり低くなります。うつす側でもうつされる側でも必ず、マスクをするようにしましょう。

家族と同じタオル等を使わないようにする

同じタオル等で顔を拭いたりすると、かなり感染率が高くなります。怪しいなと思ったら、食事等も別にして、出来るだけ家族等共用することがないようにしましょう。

部屋の湿度上げる。

空気清浄機を使ったり、加湿器を使ったりして部屋の保湿をしましょう。乾燥していると、体感的にも寒いし、菌も繁殖しやすくなりますので、出来るだけ湿度を上げるようにしましょう。

感染期間は?

インフルエンザは、熱が下がって3日間は感染すると言われています。熱が下がったからと言って油断して家族と一緒に過ごしたり、学校や仕事に行ったりすると人にうつしてしまうリスクがあります。ちゃんと病院で登校許可等をもらっていくようにしましょう。

まとめ

インフルエンザは、何度もいいますが、感染力が強く、毎年流行する病気です。流行り病ですね。しかもかかると高熱が出たり、吐き気、咳、鼻水等で3日~5日くらいは苦しい思いをすることになります。

一番の対処法は、予防ですね。マスクをしたり、手洗いうがいを確実にするようにしましょう。あとは、免疫力を高めましょう。栄養のあるものをしっかり食べ、インフルエンザに感染しても発症しない体づくりをしていきましょうね。

私も、インフルエンザについて、いくつか記事を書いていきますので、参考にしてみてください。

~ 関連記事 ~

インフルエンザの症状、今年の流行は?

子供がインフルエンザにかかった時の対処方法!

インフルエンザワクチンの効果とは?

(スポンサーリンク)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする