人工知能を持つロボット「ソフィア」人類を滅ぼすと発言し話題に

人工知能をもつAIロボット「ソフィア」が人類を滅ぼすと発言し話題となった。ソフィアは2017年10月25日にサウジアラビアの市民権を獲得した。そのソフィアがなぜ、メディアの前で人類を滅ぼすと発言したのでしょうか。やらせとの噂もありますがその真相は?

(スポンサードリンク)



ソフィアとは?

Sophia」は、人工知能を持ち、心臓や臓器を持たないロボットだが、60種類以上の表情をスムーズに切り替えながら、人と普通に会話ができるという、女性型ロボットです。2017年10月25日にロボットとしては初めてサウジアラビアの市民権を獲得した注目のロボットなんですね。

60種類以上の表情とは?

ソフィアは、人間と同じような表情をすることができ、笑ったり、怒ったり、はにかんだり、困った顔をしたりと、人間が会話の中でするような表情を自然とすることが出来る。当然、会話も自分で考えて発言するわけだが、そこにジョークが話せるほどの技術があるのか「人類を滅ぼす」と発言したことが話題となった。

人類を滅ぼす?

ことの発端となったのは「CNBCが公開したインタビュー動画の中で、Hanson Roboticのデビッド・ハンソンCEOが「人間を滅亡させたいと思う? 『NO』と言ってほしいけど……」とジョーク交じりに尋ねると、即座に「OK、人類を滅亡させるわ」と返し、にっこりと笑顔を見せていた。」(CNNインタビュー引用)

引用(https://iphone-mania.jp/news-108200/)

この発言をした理由等は明らかにされていないが、これがロボットのジョークだったのか、本当にそう思っているのか、それともやらせなのかはわかりません。

(スポンサードリンク)




他にも、マイクロソフトが行ったロボットのインタビューで差別的な発言をしたり、フェイスブックが行ったロボット同士の会話では、人間が理解不能な言葉でかいわしたりと、エラーなのか、それとも他に意味があるのかわからないがそういった事象が何件か起きているそうです。

まとめ

今後、このようなロボットを含め、人工知能(AI)などの技術が進歩していくと、こういう問題は度々でてくるのではないかと思います。これロボットの意思で人類を滅ぼす人間より優位に立つような意思をもたない事を願いたいですが、今のAI技術だと、もしかしたらそういった時代も来てしまうのかもしれませんね。

~ 関連記事 ~

人工知能とは?わかりやすく説明します。

人工知能の危険性とは!コンピュータが暴走?

人工知能普及で仕事が無くなる?

顔認証とは?顔認証の仕組み

(スポンサーリンク)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする