人工知能の危険性って?人工知能の危険な未来について解説!

人工知能とは、今最も注目されている技術ですよね。AIという言葉もよく耳にしますよね。これから人工知能がどんどん普及されて、便利な世の中になっていくと期待されています。その人工知能が危険だと専門化が口にしています。その人工知能の危険性について解説してみます。

(スポンサードリンク)



そもそも人工知能とは?

人工知能とは、コンピュータが人工の知能(人工知能とは?わかりやすく解説)を有することで、自分で考えて答えを導き出す技術のことで、これと言って定義はないのですが、簡単に言うとそんな感じです。この人工知能の技術が発達して、コンピュータがデータを集めて、分析し、答えを出す。

引用(http://mnsatlas.com/?p=19527)

人間が普段行っている「考えて、答えを出す」という過程をコンピュータもできるようになるということです。この普段人間が行っていることをコンピュータがやることで、より早く、正確な統計等に基づいて答えが導き出されるということで、現在注目を集めています。

人工知能の危険性って何?

専門家の中には、この人工知能の技術を肯定する人もいるのですが、中には、人の能力を超えるものを作るのは危険だと反対する専門家もいるみたいです。

実際に2045年には、人工知能は人間の能力を超えると言われており、それは当然うれしい悲鳴でもあり、逆に、コンピュータが暴走するのではないのか?などの危険性を訴える声も少なくないのです。

(スポンサードリンク)




人工知能が暴走するとは?

具体的にイメージしてもらうには、映画で例えると「ターミネーター」や「アイ・ロボット」なんかは正に未来を先読みした映画で、正にコンピュータが意思を持ち、人間を支配しよう

引用(http://njc.hatenadiary.com/entry/20111231/1325277745)

それを大げさに考えすぎだと言う専門家は、2045年に人間を超えると言っても、現実にそこまでの進歩は証明されていないなどと言って、考え方の違いはあるものの現実には、AIの技術は進歩しており、本当にそういう時代が来るのではないかとの不安はぬぐい切れませんよね。

まとめ

私たちが、どうあがいたところでこの技術の進歩や普及を止められるわけではありません。今後、私たちの生活の中に人工知能がどんどん浸透してくるとは思いますが、便利な反面そういったリスクも抱えているという認識はもっておかないといけないかもしれませんね。

~ 関連記事 ~

人工知能とは?わかりやすく説明します。

AIロボット「ソフィア」人類を滅ぼす発言

人工知能普及で仕事が無くなる?

顔認証とは?顔認証の仕組み

(スポンサーリンク)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする