車のガソリンの給油ランプってあと何キロ走れる?10ℓって本当?

車のガソリンの給油ランプがついてから、あと何キロはしれるの?まだ行けるかな?なんて考えて、冷や冷やした記憶ってありませんか?皆さんそういう経験が1度はあるでしょうだいたいの目安を知っておくと、そういう時役にたちますよ。

(スポンサーリンク)




給油ランプって車種によって違う?

給油ランプの点灯条件は車種によって異なるみたいですね。当然、車の大きさによってガソリンの残量も違いますし、同じ車でも、だいたい同じタイミングでランプは点灯したとしても、その後の走る経路走り方、車の走行距離とかで燃費が変わってきますので、絶対値は出ませんが、自分の車がどれくらい走れるかというのは、知っておいた方が良いですよね。

出展(yahoo無料画像)

給油ランプがついてからあと何キロ?

軽自動車

軽自動車は一般的に50キロぐらいに設定されているみたいです。もともと軽自動車は燃費が良いのでだいたい3リットルから5リットルで点灯しても十分50キロは走れるということになります。

燃費とガソリン代の計算方法について

軽自動車に乗ってる女の子主婦などはそういった知識があまりないかもしれませんので、だいたい点灯してから30キロを目安に給油をするといいでしょうね。少し面倒かもしれませんが、あまり、勝負をしてギリギリまで粘ってもいいことありませんからね。

普通車

普通車については、約10リットルと言われています。車種によってはもう少し早めに点灯するものもあるかもしれませんが、だいたい100キロぐらい走ると思っていてください。

特に普通車などは高速道路を走る機会も多いかと思います。高速道路のガソリンスタンドはだいたい50キロ以内間隔で設置されているので、点灯したら、次のガソリンスタンドを逃したとしても、その次のガソリンスタンでは必ず入れるようにしましょう。

(スポンサーリンク)




高速道路でエンストしたら?

高速道路でガス欠を起こしてしまうと道交法75条違反により、2点減点される上、反則金もとられますので、注意しましょう。先ほども書きましたけど、50キロ以内の感覚でガソリンスタンドが設置されていますので、早めの給油をすれば問題ないのですが、ガソリンスタンドを間違って通り過ぎてしまった場合は、高速道路から一度降りるという決断もしなければなりません。

ガス欠で止まると、減点や反則金よりも大変なのが、車線で止まった場合、大きな事故につながってしまいますよね。

ガス欠になると、エンジンが急にストップしてしまうので路肩に寄せる暇はないと思ってください。すぐにハザードを点けて、非常の発煙筒停止版を置いて車から離れましょう。

その後、高速道路には200m間隔で電話が設置されているので、そこから速やかに連絡しましょう。あと、JAFとかに加入しているのであれば、その辺の連絡もしないといけませんね。現在では、車の任意保険にロードサービスで無料で給油してくれるサービスとかもありますので、自分が加入している保険のサービス等も日ごろから確認しておきましょう。

ガソリン価格についてはこちら↓↓

ガソリンの価格が高騰??

経路等による燃費の変化

皆さんご承知と思いますが、下り坂と上り坂ではどっちが燃費がいいでしょうか?もちろん下り坂ですよね。となると、ランプが点灯してから、ずっと上り坂を上って行った場合は当然燃費が悪いので50キロ走る車でも30キロしか走らない!なんてこともあります。

あとは、走行スピードですね。一番燃費がいいのは、快適に走ってる速度(40km/h~80km/h)ですね。特にそれ以上で飛ばして走ったり、急激なアクセルワークで走ったりすると当然燃費が悪くなるので注意しましょう。

まとめ

皆さんが、いつも使っている車がどれくらい走るのかは皆さんが一番知っていないといけません。公道でガス欠なんて起こしたら、みんなに迷惑をかけるばかりではなく、命の危険もありますよね。しかも、ガス欠を起こすと結構お金もかかるんですよね。

ガソリン車だとまだいいんですが、軽油だと大変です。経由だとエア抜きとかをしないといけないのでそのまま給油してもだめなんですよ。だから、一度レッカー移動になりますね。当然レッカー代や作業料は自腹ですよね。(保険適用の場合はタダかもしれません。)

出展(yahoo無料画像)

普段から、その辺を意識して、調べておきましょう。また、万が一の際に備えて、自分が加入している車両保険なども確認しておくとスムーズに対応できるかもしれませんよね。

~ 関連記事 ~

ガソリン代が高騰?今後の価格は?

ガソリン代って半分近くは税金?その内訳は

ガソリンを携行缶に給油する方法とは

燃費とガソリン代の計算方法について

(スポンサーリンク)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする