仮想通貨の仕組みやブロックチェーンって何?わかりやすく説明!

仮想通貨の仕組みやブロックチェーンって何?わかりやすく説明!

最近流行りの仮想通貨ですが、どういった仕組みになっているのでしょうか?仮想通貨を調べるとブロックチェーン技術とかとよく耳にすると思いますがブロックチェーンって何のことでしょうか。

(スポンサーリンク)



仮想通貨とは?
仮想通貨とは、その名のとおり、仮想(現実に存在しない)通過なんです。現実に存在しない通貨って怪しくないの?って話ですよね。それは一昔前までだったら、詐欺みたいな話ですよね。しかし、今は現実に存在するんですよ(存在しないのですが・・)。仮想の空間に存在するというか、通貨自体は存在しないんですが、すべてデータで管理されてるんで、価値があるものとして存在するんですよ。だから、現在でもその仮想通貨で買い物も出来るし、企業間の取引とかでも使われているんですよ。
詳しくはこちらから↓↓
仮想通貨の説明

ブロックチェーンって何?
ブロックチェーン」とは、ビットコインの基本というか仕組みとなる「取引データ」技術のことをいいます。取引の履歴のことを「トランザクション」と呼びますが、その複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」と呼びます。このブロックが連なるように保存された状態が「ブロックチェーン」です。

出展「yahoo 無料画像」

と言ってもいまいちピンときませんよね。わかりやすく言うと、皆さんが持っている仮想通貨情報は世界の色々なところで管理されているから、データがぶっ飛んで仮想通貨が無くなるなんてことがないんです。

銀行で例えるならば、1つのA銀行があったとして、その銀行が火事で燃えてしまったとしましょう。そういう場合、顧客情報や貯金情報が全部燃えてしまって、履歴とかが、無くなってしまいますよね。しかし、このブロックチェーンという仕組みはA銀行が燃えても、B銀行、C銀行、D銀行、E銀行にも、その履歴が残っているので、A銀行が無くなっても自分の資産が無くなることがないんです。

こういった技術を仮想通貨の世界で使っているので、仮想通貨は安心なんです。しかも、このブロックチェーン技術が今世界で注目されていて、銀行とかも取り入れていく動きが出てきているんです。しかし、この仕組みが銀行に取り入れられて、世界的にそういう仕組みになったころには、仮想通貨が普及していて、銀行は必要ない時代になっているかもしれません。

(スポンサーリンク)



銀行が必要なくなる?
仮想通貨が普及して、買い物とかで簡単に使えるようになれば、わざわざ銀行に預けなくても、資産を仮想通貨で持っていればいつでも使えるので、そもそも現金を持ち歩く概念がなくなってくるんです。

もう少しわかりやすく言うと、今ポイントカードのポイントがありますよね?Tポイントや楽天ポイントなど…
あれってある意味、日本円の相場で使えますよね?しかも実在してない仮想の通貨として使えてますよね。そういうことなんですよ。あのポイントをたくさん持っていれば、財布を持っていなくても、スマホを持ち歩いていれば買い物ができますもんね。

そのポイントを仮想通貨として持って歩く時代がすぐそこまで来ているんです。それで、現在仮想通貨が急速に普及していってるんです。仮想通貨の仕組みについてはそんな感じです。

まとめ
これで、なんとなくですが仮想通貨の仕組みについては理解してもらえましたか?専門的に説明するより、この方がわかりやすいかと思い、かみ砕いて説明してみました。現在世界に普及していってる仮想通貨です。今、買っておけば仮想通貨の普及とともに上がる相場で儲けることもできるかもしれませんよ。もし仮想通貨に興味を持って、買ってみようかな?と思ったならこの販売所を使ってみるといいかもしれません。私のおすすめです。

コインチェック

仮想通貨の相場や種類等の説明も色々と書いているので目を通していってみてくださいね。

~ 関連記事 ~

仮想通貨で儲かる仕組みとは?

仮想通貨初心者必見!どれが上がる?

仮想通貨の落とし穴を克服する方法は?

仮想通貨上昇予想ランキング

(スポンサーリンク)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする