【仮想通貨】草コインって何?どこで買うの?

今流行の仮想通貨ですが、日本の取引所も殺到してますよね。メジャーなところで、ビットコイン、リップルコインなどは有名ですよね~。しかし、有名じゃなくても、これから有名になっていくコインがまだまだたくさんあるんですよ。それを今のうちに買っておくと・・

(スポンサーリンク)



草コインって何?

草コインとは、「超低位仮想通貨」の俗称で、具体的なこのコインっていうような定義はありません。

私の解釈としては、草のようにいっぱい生えてるけど、どれも一緒みたいなカスコインですね。その10円以下ぐらいの今は何のために作られたのか、誰が作ったのかわからないようなコインのことを言っています。

一説には、ネット上において、どうしようもないコインで「wwww」と表現したところ、草が生えているように見えるので、「草コイン」と呼ばれるようになったとか・・・

儲かるの?

問題はそこなんです。

実際のところ、それで儲かっている人たちがたくさんいるんです。どうやって儲かるのかというと・・

(例)

1円のA(仮称)コインを1万円分買ったとします。

出費1万円で、1万Aコイン保有できます。

それと同じ方法で、BコインCコインDコインEコインと5種類買ったとします。

出費5万円で5個のコインを1万コインずつ手に入れましたよね。

俗に言う種まきが終わった状態です(笑)

この5個のコインのうち例えばAコインが100円に上がったらどうなるでしょう。

そう!Aコインの資産が100万円(100円×1万コイン)になりますよね。

もし、1万円になったらどうなるでしょう。10,000円×1万コインで1億円になります。

いやいや、1万円なんてありえないでしょ。っと思うかもしれませんが、ビットコインやリップルコインももともとは、もともと1円以下だったんですから。

(スポンサーリンク)




リスクないの?

先程の例題のとおりですが、リスクと言えば5万円でしょうね。でも買ったコインのどれかが5円に上がれば、もう元は取れますよね。そもそも5万円の出費で1億円の可能性があるって夢のような話じゃないですか?

でも実際今の仮想通貨相場ではありえない話ではないんです。

むしろその5個のコインが全部上がってしまう!っていうぐらいのバブル相場なんですよ。

どこで買うの?

こういった草コインは日本の取引所では買えません。海外の取引所でしか買えないのですが、今お勧めなのがバイナンスですね。

バイナンスの説明はこちら↓↓

仮想通貨を始めるならこちらからどうぞ↓↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

まとめ

さて、仮想通貨で儲かれるのはあと2年と言われています。早く動いた者勝ちですね。みんなで儲かれるいい話だと思うので動いてみてはいかがでしょうか。

日本の取引所かこちら
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

~ 関連記事 ~

草コインはどこで買うと良い?

仮想通貨に税金が!

(スポンサーリンク)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする