地震の最新情報!南海トラフ地震の情報・発表の条件

日本は地震大国であり、東北・熊本の大地震を受け、大変な被害を受けました。しかし、これで終わりじゃありません。次は、南海トラフ地震・北海道沖地震が予想されています。特に、南海トラフについては、もし、発生した場合、多大な被害が予想されています。しっかりと地震に対する知識をつけておきましょう。



気象庁の発表はどういうタイミング?

南海トラフ全域を対象として、異常な現象を観測した場合や地震発生の可能性が高くなっていると判断した場合等に、「南海トラフ地震に関連する情報」の発表を行なうそうです。

情報名の種類と条件(気象庁HP引用)

・南海トラフ地震に関連する情報(臨時)

南海トラフ沿いで異常な現象(※1)が観測され、その現象が南海トラフ沿いの大規模な地震と関連するかどうか調査を開始した場合、または調査を継続している場合

観測された現象を調査した結果、南海トラフ沿いの大規模な地震発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まったと評価された場合

・南海トラフ地震に関連する情報(定例)

「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」の定例会合において評価した調査結果を発表する場合

※ この情報の運用開始に伴い、東海地震のみに着目した情報(東海地震に関連する情報)の発表は行わないそうです。当然のことですが、本情報を発表していなくても、南海トラフ沿いの大規模地震が発生することもあるそうですので、油断は禁物ですね。

気象庁の調査開始のタイミングとは(気象庁HP引用)

南海トラフ沿いでマグニチュード7以上の地震が発生した場合や東海地域に設置されたひずみ計に有意な変化を観測した場合など、気象庁が調査を開始する対象となる現象で、具体的には次のとおりです。

(1)想定震源域内でマグニチュード7.0以上の地震が発生

(2)想定震源域内でマグニチュード6.0以上の(或いは震度5弱以上を観測した)地震が発生し、ひずみ計で当該地震に対応するステップ状の変化以外の特異な変化を観測

(3)1カ所以上のひずみ計で有意な変化を観測し、同時に他の複数の観測点でもそれに関係すると思われる変化を観測している等、ひずみ計で南海トラフ沿いの大規模地震との関連性の検討が必要と認められる変化を観測

(4)その他、想定震源域内のプレート境界の固着状況の変化を示す可能性のある現象が観測された等、南海トラフ沿いの大規模地震との関連性の検討が必要と認められる現象を観測

※ 想定震源域下図に示す南海トラフ地震の想定震源域

(気象庁HPより)

※ ひずみ計;当面、東海地域に設置されたひずみ計を使用。

※ ステップ状の変化;地震発生時に通常観測される段差的な変化

今後も状況により、検討され見直されることがあるそうです。

まとめ

今後、南海トラフ地震は必ず発生するであろうと言われております。テレビでも池上彰さんが言ってましたが、平成は大地震を何度も受け、地震に対する設備や施設等も良くなってきているとのことです。身近なところで、どんな地震対策設備があるか等を調べて置き、実際に発生した時慌てずに行動できるよう準備しておきましょう。

~ 関連記事 ~

【地震対策】地震の前兆!!動物の行動総まとめ

地震情報の発表される条件って何?気象庁の地震情報の発表基準

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする