地震情報の発表される条件って何?気象庁の地震情報の発表基準

最近地震が増えてきており、東北の震災や熊本の大地震等で日本は大被害を受けています。その被害を出来るだけ受けないように、気象庁が地震情報を流しています。その地震情報とは、どのタイミングで発表されるのでしょうか?地震についての知識を深めて、いつ起きるかわからない地震に備えましょう。




気象庁から発表される地震情報の種類と発表の基準

1 震度速報

震度3以上で発表される。

地震発生約1分半後に、震度3以上を観測した地域名(全国を188地域に区分)と地震の揺れの発現時刻が速報される。

2 震源に関する情報

  震度3以上で発表される。

(津波警報または注意報を発表した場合は発表しない)

地震の発生場所(震源)やその規模(マグニチュード)を発表。
「津波の心配ない」または「若干の海面変動があるかもしれないが被害の心配はない」旨が付加される。




3 震源・震度に関する情報

以下のいずれかを満たした場合に発表される。

・深度3以上

・津波警報又は注意報発表時

・若干の海面変動が予想される場合

・緊急地震速報を発表した場合

4 各地の震度に関する情報

・震度1以上で発表される。

5 遠地地震に関する情報

国外で発生した地震について以下のいずれかを満たした場合等で発表される。

・マグニチュード7.0以上

・都市部など著しい被害が発生する可能性がある地域で規模の大きな地震を観測した場合

6 その他の情報

顕著な地震の震源要素を更新した場合や地震が多発した場合などに発表される。

※(気象庁HP引用)

まとめ

以上のように気象庁から様々な情報が流されます。こういった情報を早めにキャッチすることにより、自分や家族の身を守ることにつながりまるので、しっかり準備をしておきましょう。

また、近々、北海道の方で地震が発生するとの予報もでていますので、気をつけてくださいね。

~ 関連記事 ~

【地震対策】地震の前兆!!動物の行動総まとめ

地震の最新情報!南海トラフ地震の情報・発表の条件




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする