AIとは?人工知能(AI)を簡単にわかりやすく解説

最近よく聞くワードとしてAIとは?AI=人工知能ということはわかっても具体的にどういうことが出来るの?って疑問を感じますよね。これからAIの時代に突入していくみたいですが、少しは人工知能(AI)について理解していった方がよさそうですね。

(スポンサードリンク)

AIとは?人工知能(AI)を簡単にわかりやすく

皆さんはAIと言ったら、どういうイメージがありますか?
AIとは「Artificial Intelligence」という意味で人工知能のことを表しています。人が本来持っている感情とは違い、知的ふるまいをコンピュータにさせたもので、経験や過去の統計を積み重ね、新たな入力に順応することで、人間の持っている脳に近づけていったものです。

pepperくんはご存知ですよね。ショッピングモールやお店に行くと、店頭に立っている人間の形をしたロボットです。人工知能と言えばああいったpepper君のような物をを思い浮かべる人が多いと思います。しかし、それだけではなく、人工知能にも色々な形があり、スマートフォンに搭載されたSiriやOKgoogleなども人工知能(AI)になります。

「http://ord.yahoo.co.jp/o/image/」引用

AIと言えば将棋や囲碁、チェスで人をと対戦し、人に勝つと言ったニュースなどもたまにありますよね。そういった物も、AIの代表的なものであり、今まで人が経験してきたことや統計等に基づき、次の一手を考えるというAIの特徴とも言えます。

AIとしてあげていけば、色々とあるのですがAIとは、人が行う作業や人が行う活動全体について人の代わりが出来るということを目指して作られたものと言えます。人工知能には、人の活動全体をマネしようとする汎用型人工知能と、人の活動の一部をマネする特化型人工知能の二つがあります。

AIとは?特化型と汎用型人工知能

AIは「特化型人工知能」と「汎用人工知能」の2つに分けられます。先ほど説明したとおり汎用型人工知能とは全般的なことがある程度でき、特化型人工知能とは、一部のことに特化した人工知能のことを言います。

例えば最近よく耳にする画像認識や音声認識 といったものやPONANZAなどの将棋AIや自動車の自動運転等についても特化型人工知能と言えます。最近では、人工知能関連の研究のほとんどはこの「特化型」と言われる一部に特化した人工知能の研究が主になっています。

特化型が一つのことに特化したAIということに対して汎用人工知能は、簡単に言うと、「色んなことが出来る人工知能」です。汎用型人工知能は与えられた情報を基に自分で考え、それに対応することができるAIのことをいいます。人と同じような行動をすることができるというようなイメージですね。

AIとは?人工知能・ディープラーニング

将棋を指す人工知能から自動車の自動運転まで、最近話題の人工知能のほとんどは、ディープ・ラーニングと自然言語処理が大きく関わってきています。これらの技術を活用すると、大量の過去の経験や知識などといったデータを人工知能に認識させることで、ビジネスや生活の中において、起きる出来事等に対応出来るようコンピューターを訓練することができます。

医療分野などに用いられるケースが多く、例えば「体温の状態」「発信の状態」「食事の摂取状況」といった複数の質問を繰り返していくことで、特定の病気を診断することが出来る。というわけです。

(スポンサードリンク)

 

AIとは?人工知能(AI)は学習する

人工知能の話題とともに耳にするのが、「機械学習」というワード。これは人工知能を実現するためのステップのひとつです。

人工知能も出だしの頃は、人の知識や経験値などをコンピューターに蓄積し、その蓄積したデータを解析したり、推論や問題解決などを自動的に行わせる「エキスパートシステム」が使われており、人間が質問とその答えをプログラミングする必要がありました。

しかし、そのデータ解析や、問題可決などの精度を上げようとするとプログラミングの量や専門知識のデータ入力などが膨大になるため、その分コストも非常にかかってしまいます。そのうえ、データの更新も非常に手間がかかってしまいます。人間の専門家が問題解決した方が、結果的には正確で早くて安い、という事態もしばしば見受けられたそうです。

「https://cloud.nifty.com/navi/tech/ai.htm」引用

 

AIとは?人工知能(AI)学習する②

しかし、今は機械学習という技術が加わり、その辺の事情が大きく変わってきました。機械学習とは、最初に決められた動作を実行するだけではなく、与えられたデータ等を元に学習し、自らの法則やルールを見つけ出すという、考え、学習する機能が備わったんです。

さらに、機械学習の一種でニューラルネットと呼ばれる、主に生物の神経系の挙動を模して学習できる深層学習というものがあります。
今までの機械学習とは少し違っており、適用対象によっては人間よりも上のパフォーマンスを発揮するほど高井レベルで学習することができるものです。

人工知能(AI)が人を超える

人工知能が人を超えるということが、現実に起こっているんです。チェスなどでは、人工知能が人を超えて、人間では歯が立たなくなっているんです。

囲碁は打ち方が10の360乗通りも存在するとも言われ、その何百万、何千万通りあるゲーム進行のパターンはチェスと比較しても桁違いに多いとのこと。「AIが囲碁で人間を上回るのは10年先だ」と言われていたのですが、とうとう囲碁でも人工知能が勝ってしまったらしいです。

 

まとめ

囲碁のような超複雑なゲームでも、人工知能が勝ってしまうまでに発展してきているんですね。囲碁で勝った人工知能は特化型AIなわけですが、それは、碁を打つだけに特化した能力であり、そのほかの能力は兼ね備えていません。

ということは、囲碁の能力を他の日常生活に応用することはできないということですね。現在のAIの研究の多くはこの特化型に集中しており、私生活やビジネス等に浸透しつつあるんです。

「https://www.sbbit.jp/article/cont1/35556」引用

汎用型については、特定の作業や行動に限定せず人と同じような能力を持ち合わせているとされています。プログラミングされた特定の機能以外にも、自身の能力を応用して対応できるとのことです。

私たちの生活の中にも、多く関りを持ってきている人工知能。今や、Siriやスマートスピーカーなど身近に人工知能がいますよね。どんどんコンピュータやロボット等が発展していったら私たち人間の居場所はどうなるんでしょうね。

それが一番心配ですが、こういった機能が、カラダの不自由な人や困っている人を助けていくような素晴らしい発展をしていくといいですよね。

 

~ 関連記事 ~

人工知能の危険性とは!コンピュータが暴走?

AIロボット「ソフィア」人類を滅ぼす発言

人工知能普及で仕事が無くなる?

顔認証とは?顔認証の仕組み

 

 

(スポンサードリンク)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする