禁酒の効果が現れる期間とは? 肝臓が影響??

禁酒の効果と期間ってどういう関係なんでしょうか?病院などで肝臓などの検査を行い、禁酒 を決意する人もいるでしょう。そういう人って本当に禁酒の効果があるのでしょうか?どれぐらいの期間肝臓を休ませると効果がでるのでしょうか?禁酒の効果と期間についてまとめてみました。

(スポンサードリンク)



飲酒によって起こる病気とは??

飲酒を継続することで様々な病気にかかると言えるでしょう。「糖尿病」「痛風」「肥満」等々、お酒を大量に飲み続けるとあまりカラダに良いとは言えませんよね。

脂肪肝の発症も飲酒を継続した結果だそうです。脂肪肝には、飲酒によって発症する「アルコール性脂肪肝」と、飲酒とは全く関係なく発症する「非アルコール性脂肪肝」があります。

脂肪肝には、必ずしもアルコールが影響するわけではないのですが、お酒を飲み続けるとやはり発症のリスクは高くなってきますよね。

アルコールが原因で引き起こす「アルコール性脂肪肝」は、体内に入ったアルコールのほとんどは肝臓で解毒されるはずですが、この解毒の過程で、解毒されない、または体外に排出されない等により、肝臓中に脂肪がたまっていくのがこの脂肪肝というわけです。

出展(Google無料画像)

この脂肪肝が発症した場合は、当然、飲酒を控えるか

飲酒をやめる選択肢を迫られることになるわけです。しかしながら、なかなか飲酒を控えることって難しいですし、禁酒をするといってもどれぐらいの期間禁酒すればいいのでしょうか?

禁酒の効果が現れる期間とは? 肝臓が影響??

お酒と肝臓、禁酒と肝臓などと、肝臓がお酒に大きくかかわっているのは皆さんもご存知ですよね。

お酒が肝臓に及ぼすダメージについては、多くの方がしばしば耳にすることでしょう。

アルコールがどのようなダメージを肝臓に及ぼすかを紹介します。

体内に取り込まれたお酒の中の糖質が、分解するうえで悪臭になる物質を発生します。

その臭いとなる原因を、肝臓が中和させる働きを担っています。

その結果、肝臓が弱っていると、お酒の臭いが残ったり、体内のアルコールが中々分解されずに、体調不良(二日酔い等)を起こしたりします。

禁酒の効果が現れる期間とは? 1ヶ月辞めるとどうなる?

百薬の長とも言われているお酒!ですが、最初にも言った通り飲みすぎると体に良くないことは誰でもわかりますよね。適量が良いんでしょうけど、まずもって適量が判らないんですよね。

適量をたしなめれば健康を保てるわけですが、ほとんどの人が飲みすぎてしまい、習慣化してカラダに悪影響!という結果になっているのではないでしょうか。

アルコールを絶つ!というのは酒好きには非常に難しいことですよね。しかし、アルコールを絶った時のメリットを考えたことがありますか?

それを考えたら、少しは禁酒に対しての意欲も湧いてくるのではないでしょうか?1ヶ月間アルコールを絶つとどのようなメリットがあるかを考えてみましょう。それが1ヶ月の禁酒につながるはずです。

禁酒の効果!1ヶ月で体脂肪減!

アルコールを絶つと、おのずと体脂肪が減って来るでしょう。当然、1日や2日ぐらい辞めたところで成果は出ません。

当然毎日飲むよりも、1日でも休肝日を設けることはとても大切なことです。

「休肝日を設けた方が良い」と言われるのはもちろん理由があります。ビール500mL、日本酒なら1合を飲んだ場合そのアルコール分を肝臓で分解するのに、人によって差はありますがだいたい5~6時間ぐらいかかるそうです。

寝ている間は肝臓がアルコールを分解するの機能があまり働いていないので、アルコールを飲んでからすぐ寝るとそれ以上の時間がかかるんです。当然のことながら、寝ている間にも肝臓はずっと寝ずに働き続けています。毎日毎日、肝臓に負担をかけすぎると当然障害が出やすくなりますよね。

とりあえずは週に2~3日の休肝から始めてみるのもいいかもしれませんね。多少は肝臓の負担は減りますので、体の調子はかなり良くなるはずです。

出展(Google無料画像)

しかしながら、本当に体の中からアルコールを抜いてしまうためには、やはり1ヶ月ぐらいアルコールを絶たないとダメみたいですね。1ヶ月アルコールを絶つと、まず体重が減るでしょう。

※個人差があります。アルコールを辞めても食生活によって当然痩せない人もいます。

それに1ヶ月ぐらい禁酒すると、カラダの中のアルコールが完全に抜け、更に、肝臓が自ら回復するので、健康診断等の数値も当然よくなりますし、肝障害等のリスクもかなり低くなります。

最大限に禁酒の効果を得ようとするならば、1ヶ月ぐらいの禁酒が必要となってくるでしょうね。

1ヶ月の禁酒…

結構厳しいですね。

(スポンサードリンク)



飲酒によって得るものって??

大事なのは、禁酒することによって何を得るかですね。それを思い描きながらアルコールを絶つと継続しやすいかもしれません。今アルコールを飲むことよりも大事なこと。今アルコールを飲むよりも楽しみなこと。などど目標に価値を付けると禁酒も苦じゃなくなるかもしれませんね。

出展(Google無料画像)

一方、アルコールを絶つのと同時に、極端に食事を減らすようなダイエットを併せてすると、カラダが栄養不足と勘違いして、筋肉がエネルギー源を放出するそうです。そうなると、筋力が落ちてカラダの新陳代謝が落ち、カラダが自ら消費するエネルギー量が落ちることとなります。その結果、禁酒&減量をしているつもりでも、肝臓に脂肪が溜まりやすい状態になってしまうのです。

その後のリバウンド等でも非常に肝臓に負担をかけてしまいますので、注意してくださいね。

(スポンサードリンク)



~ 関連記事 ~

禁酒の効果って?肝臓は回復する?

禁酒でハゲが治る?薄毛の人は必見!

食事制限のメニューを徹底解析!

禁酒の効果!女性必見!美しい肌を取り戻す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする